【金】ジャケットの襟穴は、昔の第一ボタン?

Fianco

06-6467-8711

〒531-0072 大阪市北区豊崎5丁目1-15ローツェⅠ-201号

営業時間 / 11:00-20:00 定休日 / 不定休

【金】ジャケットの襟穴は、昔の第一ボタン?

◆スーツのうんちく

2018/12/29 【金】ジャケットの襟穴は、昔の第一ボタン?

【ジャケットの襟】

「ご自身が“装う”と、

 周りのどなたが喜んでくださいそうですか?」

 

こんにちは!

金曜日はスーツに関するうんちくをお伝えします。

…と昨日 文章を作ったのに投稿するのを忘れてました👀

 

 

さて、本日はジャケットの「襟」について。

襟の部分は、ラペルと呼ばれます。

さて、そのルーツとは…?

 

 

皆さま、

「軍服が昇華して現在の洋服となっている」例として

トレンチコートが該当するのはご存知ですか?

 

 

スーツも同様に、かなり遡ると同じような道を辿り、

そして今日の仕様へと変化してきました。

ラペルも、軍服の“詰襟”がルーツとなっているのです。

詰襟の襟の部分が窮屈だと感じ、

上のボタンを外し、胸を開けたスタイルがその始まりです。

 

フラワーホール、と呼ばれる「襟の穴」は

その詰襟の第一ボタンの名残り。

 

 

バックグラウンドを知るとよりおもしろくなりますね(^^)

冒頭に触れたトレンチコートなどもまた、

その歴史について触れる機会を持とうと思います。

それでは、

今日もいってらっしゃいませ!

.

.

.

◆今日の画像◆

📷弊社ホームページのトップ画像✨

 ▶︎ラペルの穴は、ハンドステッチによるものです!

 ▶︎独特の立体的な仕上がりがたまらない🤵🎊

.

.

.

◆夢・目標◆

「思い出に寄り添うスーツづくり」

「ワンストップ型で、広く多くの方が装いにより

 自己概念をあげる世界観を創る」

「文化や職人の方々を守り仕組み化する」

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

Fianco

【住所】
〒531-0072
大阪市北区豊崎5丁目1-15ローツェⅠ-201号

【電話番号】
06-6467-8711

【営業時間】
11:00-20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP